キー・アサイン

 Speed Readingのトレーニング中で、テンキーを使用する場面が出てきます。
 (テンキーの詳細についてはこちらをご覧ください

 デスクトップパソコンの場合、キーボードの右横部分にテンキーがついている場合がほとんどだと思われますので、それをお使いいただければそれで大丈夫です。

 ノートパソコンの場合は、多くの場合、テンキーそのものはついておりませんが、何らかの設定キーを押すことによって(ノートパソコンのメーカーにより異なります)特定のアルファベットのキーがテンキーの代わりを果たすことができるものがほとんどです。その場合、トレーニングを行う時に、テンキーを有効にしていただければ大丈夫です。
 もしおわかりにならない場合は、お持ちのノートパソコンのマニュアルで、「テンキー」または「ナムロック(NumLock)」 で検索されれば出てくると思われます。

 しかし、もしノートパソコンでテンキーの機能がついていない、または使いづらいという場合、このキーアサインの画面で、擬似的なテンキーを設定することができます。

↓画像の中の知りたい部分をクリックすると、その解説が表示されます。↓
疑似テンキー:この9つのマス目は、テンキーの9つのボタンにそれぞれ対応しています。設定を変更したいときは中身のコンボボックスから割り当てたいキーを選択してください。OKボタン:設定された内容を確定して、この画面を閉じます。キャンセルボタン:設定された内容を確定せずに、この画面を閉じます。

Copyright AVA-SOFT All Rights Reserved.