テンキーについて

 トレーニングによっては、キーボードのテンキーを使用する場面が出てきます。

 テンキーとは数字を入力するための10個のキーの事を指し、キーが以下のような配置になっています。

 Speed Readingでは、これらの10個のキーの内、1〜9まで数字の(マス目になっている)キーを使用します。

 このテンキーは、デスクトップパソコンのキーボードと、ノートパソコンのキーボードでは、違うところにありますので、以下分けて説明させていただきます。

デスクトップパソコンのキーボードの場合

 多くのデスクトップパソコンのキーボードは、キーボードの右側に独立してテンキーが存在します。下の写真の赤い枠の中がテンキーになります。
 テンキーの上に、[NumLock]というキーがあり、そのNumLockがONになっていると、テンキーが有効に機能します。


ノートパソコンのキーボードの場合

 ノートパソコンの多くは、デスクトップパソコンのキーボードとは違い、テンキーが右側に独立して設けられていません。その代わりに、下の写真の赤い枠の場所にテンキーの機能が割り当てられていることが大半です。

 これらのキーは通常はテンキーとして機能しませんが、何らかのキー(通常NumLockやNumLk等と書かれているキー) を押しますと、そのキーがテンキーとして動作するようになっております。

 お使いになっているノートパソコンのメーカーによって、テンキーの機能のさせ方が若干異なってきますので、詳しくはお使いのノートパソコンのマニュアル等で、「NumLock」または「テンキー」等の言葉で探して頂ければ、その項目が出て参りますので、そちらをご参照ください。


Copyright AVA-SOFT All Rights Reserved.